商品の詳細

m051 松阪肉 すじ(ボイルを冷凍)300g

¥720 (税別)

商品コード: M051-300 商品カテゴリー:
  • スジ好きなら一度は試したい松阪牛のスジ!

    山本精肉店内で松阪牛を精肉する際に切り取った部分”牛すじ”です。

    取り扱っている牛肉はすべて松阪牛の山本精肉店ですから牛スジは自動的に”松阪牛の牛スジ”となります。

    数ある牛スジの中でもプレミアム牛スジと言えます。

    さて、牛スジは その部位によって大きく3タイプに分かれます。

    山本精肉店の牛スジは精肉の過程で取り除いた固い部分から、さらに脂を取り除いたものです。

    脂と言っても脂が旨い松阪牛ですから風味づけにも重要。
    少しは残してあります。

    スジ肉ができるまで

    業務用でお求めの方にアドバイス:
    牛スジは精肉の際に派生する部分ですので急なご注文に対応できない場合がございます。
    需要期の秋・冬を外した季節(特に真夏)からのお求めが確実です。

    牛スジを使った料理

    煮込む事によって持ち味を最大限に引き上げられるスジ。
    単に茹でこぼしてから他の具材と煮込むだけの簡単調理です。
    最後に味付けはおでん系?味噌系?

    • スジ煮
    • すじこん
    • カレー
    • シチュー(ブラウン系)

    大定番すじ煮も結構ですがm050 松阪肉 すじ(生を冷凍)はカレーもおすすめ!
    大きめにカットすると”ごちそうカレー”になります。

    ※調理参考例です。でき上がりイメージ想像用としてご利用ください。

    ボイルと生の使い分け

    山本精肉店で売っている松阪牛のスジは2種類。

    • m050 松阪肉 すじ(生を冷凍)500g
    • m051 松阪肉 すじ(ボイルを冷凍)300g【このページ】

    どのように使い分ければよいでしょうか?

    m051 松阪肉 すじ(ボイルを冷凍)300g【このページ】の特長

    • ひとくち大にカット済みだから楽ちん。
    • 下茹で済みだから楽ちん。
      (牛スジの風味に慣れていない方は味付け前、さらに1~2度茹でこぼすと良いでしょう)

     

    本当に松阪牛なの?

    伊勢の山本精肉店は正規の松阪牛販売店。
    松阪牛協議会の正規会員です。
    (松阪牛協議会は現職の松阪市長が会長を勤める信用と権威ある組織です。)

    ”おれおれ松阪牛”でなく
    第三者の保証がある正規の松阪牛販売店から安心して松阪牛をお求めください。

    当店で販売している松阪牛肉は m040 松阪肉 切り落としm050 松阪肉 すじ(生を冷凍)m051 松阪肉 すじ(ボイルを冷凍)の3商品を除いて、すべてお買い上げラベルに個体識別番号を明記しており個体検索が可能になっております。

    個体識別番号検索

    ラベルには個体識別番号を明記しています

    安心も商品の大事な一部です。

    無料オプションで冷凍を選べます

    伊勢 山本精肉店のお肉は、お客様の注文ごとに箱詰め発送しています。
    なので、ご希望によっては冷凍で発送することも可能です。

    酷暑の時期など、当店が必要と判断した場合を除き通常は冷蔵で発送いたします。

    もちろん冷凍にかかる追加料金は無料です。

    しかし、お約束があります。
    当然ながら、配送業者様に引き渡し前のお申し出に限らせて頂きます。

    なお「こんな場合、どうしたら良いの?」と思ったらお電話かメールでご相談下さい。
    (お電話がおすすめ
    電話:0596-24-4146
    午前9時~午後7時
    定休日:毎週日曜日 暮、正月の期間)

    松阪肉はとても値打ちがある商品ですので、美味しく召し上がって頂けるよう当店も努力します。

    冷凍発送も可能です

    その他、このサイトの但し書き

    ※肉には個体差があります。その性質上、写真と同じものは提供できません。
    ※大部分の販売単位は100gや200gですが写真で使用している肉の重量は関係ありません。
    ※調理見本は調理後の姿イメージの一例であって、調理済みの商品が届くわけではありません。
    ※画像で使用している食器、付け合わせ、使用している薬味等は商品に含まれておりません。

    重さ 300 g

    【重要】ネット販売の最終受付日は令和元年12月25日
    最終発送は令和元年12月29日です

    (29日に発送ご希望のお肉でも25日までに受注処理を済ませている必要があるという意味です)


    【実店舗の営業】

    どうぞ宜しくお願いいたします。

    非表示